"いま"

〜オススメ観光スポット1〜
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

「2005年日本国際博覧会(愛・地球博)の主会場は、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)として生まれ変わりました。約194ヘクタールの広大な敷地を有し、園内には自然やユニークな施設が配置され、年間を通じて100万人以上の人が訪れています。

〜こどもから大人まで楽しめる総合公園〜
ゾーンとエリアごとに異なる魅力
モリコロパークには総合公園としての様々な顔があり、ゾーンとエリアごとに異なる魅力がいっぱいあります。これを知っておけば、訪れる楽しみが増えますよ!

ひろばのゾーン
モリコロパーク公園の主に北半分は"ひろばのゾーン"と呼ばれ、ここには、昨年オープンした「地球市民センター」や「愛・地球博記念館」、イベントが行われる「大芝生広場」や「お花畑」、「温水プール」、「アイススケート場」などがあります。また、子供連れに人気が高い「愛知県児童総合センター」や「大観覧車」などがあります。

もりのゾーン
モリコロパーク
公園の南半分は"森のゾーン"と呼ばれ、自然の森が広がっています。ここには、園路を利用した「林床花園」や茶室がある「日本庭園」があります。また、万博で人気が高かった「サツキとメイの家」や環境学習ができる「もりの学舎(まなびや)」などがあります。

耳より情報

サツキとメイの家の観覧チケットをローソンで購入できるようになりました
1. インターネットでローチケ.comホームページで予約

2. ローソン店舗の端末(Loopi)で直接購入
詳しくは、公園HPをご覧いただくか、ローチケ.comホームページをご覧下さい。

サツキとメイの家では、2012年9月1日(土)~11月25日(日)の土日祝日限定 の16:30~17:00の観覧時間枠を新設しました
(ただし、16:30~の観覧は、ローソンでのご購入はできませんので、ご了承ください)

2012年4月1日からサイクリングコースが新設されました
1周5.1kmのコース をお楽しみいただけます。レンタサイクルも1台100円で貸出しております。(持込み自転車でのご利用の可能ですが、詳しくは、公園HPをご覧ください)

2012年10月1日より、全面天然芝の多目的球技場がオープンします
サッカー やホッケー、グラウンドゴルフ、ニュースポーツなどのご利用が可能です。(7月からネットあいちにて、受付中です。ご利用については、公園HPをご覧ください)
公園のホームページ(ご利用案内) http://moricoro-park.com/

年間通じてイベントが盛ん
毎年整備が進み施設が次々にオープンするモリコロパーク。
大芝生広場や地球市民交流センターを中心に、年間を通じてイベントが盛んです。特に、春・夏・秋のモリコロパークまつりは出展ブースも多く大勢の人が訪れます。
イベント情報は公園のホームページ(http://moricoro-park.com/)で確認してください。

スタッフの「ここはオススメ!」
.2010年10月にオープンした地球市民交流センターは、リニモ「愛・地球博記念公園」駅5番出口と直結しており大変便利! また、屋上や屋内広場では芝生がきれいに刈られているので、その上で大の字になって寝そべると時間がゆっくり過ぎていくのが 味わえますよ!
. 大人気のサツキとメイの家では、ガイドによるツアー形式のご観覧ですが、平日の空いている時間はガイドによるさらに詳しい説明が聞けるチャンスがありますよ!
. 西エントランス広場にあるからくりモニュメント日本の塔「月」は一日に5回定刻に5分間、からくり人形のパフォーマンスと演奏をします。 演奏を聞いた後に西口休憩所近くにあるモリコロの鐘へ行くのがおすすめ!高台にあるので眺めが良く、そこから鐘を鳴らすと願いが叶う?!

所在地 愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1
連絡先 0561-64-1130
アクセス リニモ「愛・地球博記念公園」下車すぐ > 地図を見る(外部リンク / Google マップ)
開演時間 / 定休日 8時~19時(11月~3月は18時30分まで) / 各施設は月曜休(月曜日が祝日の場合は翌平日。春・夏・冬休み期間中は月曜日も利用可)
入場料 無料(園内施設は有料や事前予約が必要なものがあります)
駐車場 有料 1台500円
ホームページ http://moricoro-park.com/