"いま"

四季の草花と主な公園

イベントカレンダー

長久手には一年を通じて多くの草花が見られます。また、それらが鑑賞できる大きな公園や散策路も整っています。季節の移り変わりを感じながら、まち歩きをたのしんでみてはいかがですか。

アメリカの代表的な花木で、明治時代に日本が桜の木を送った返礼としてアメリカから贈られました。

ハナミズキ

長久手では、主にヒラドツツジやサツキが多く見られ、サツキは長久手の市の花に指定されています。

ツツジ

アジサイの名前の由来は「藍色が集まったもの」を意味する「集真藍(アズサイ)」が転化したものと言われています。

アジサイ

ハナショウブとは、花の咲く、さといも科の菖蒲という意味です。

ハナショウブ

ヒマワリの名前は、その花が太陽を追って回っているように見えたことから名付けられました。

ヒマワリ

コスモスとは、ギリシャ語で「飾り」「美しい」という意味があります。

コスモス

草花が見られる主な公園

杁ケ池公園1.杁ケ池公園
公園の中心には大きな池があり、春には池を囲むように桜が咲き誇ります。秋には紅葉も見事です。

せせらぎの径り2.せせらぎの径
住宅街の緑道で、おだやかな水のせせらぎを聞きながら、ゆったりと散歩できる小道です。

古戦場公園3.古戦場公園
「小牧・長久手の戦い」の舞台となった公園で、春には桜が、秋には見事な紅葉が見られます。

香流川緑地゙ル4.香流川緑地
リニモ「公園西」付近から長久手温泉付近までの香流川左岸が緑道として整備されています。春には桜やユキヤナギ、夏には蛍、冬には鴨などが見られます。

耳より情報

モリコロパークのお花畑は今や名所!
モリコロパークのお花畑には、四季を通じて草花が植えられ見事な景観が楽しめます。春のポピーや初夏のラベンダー、秋のコスモスなどがおすすめで、カメラに収める人がたくさん訪れます。