カジノは日本で合法ですか?
賭博法

日本には非常に複雑なギャンブル法があり、深刻なギャンブラーには従うのが難しい場合があります。日本政府は、リゾートでのカジノの合法化を最終的に制定する前に、20年以上にわたって協議を行いました。法律が議論された主な理由は、日本のギャンブラーの人口とギャンブル依存症の懸念でした。最近、政府がカジノリゾートのアイデアについて53%の同意を得たときまで、人々によって拒否されたカジノを合法化するために多くの世論調査が行われました。 2018年にカジノ法が成立し、リゾート内でカジノゲームを開催できる3つの新しい統合リゾート(IR)が許可されました。これらのリゾートは、宿泊施設、エンターテインメント、ショッピング複合施設、レストラン、会議活動も提供します。 これらのカジノリゾートを構築するアイデアは、世界へ日本の観光を促進することでした。これらのリゾートは、主要なカジノ事業者を魅了して高品質のカジノを開催し、日本のギャンブルシーンに年間を通じて多くの観光客を呼び込むことができます。全体のアイデアは、最終的に国の経済にポジティブな方法で影響を与えます。 法律について この法律により、2016年12月に統合リゾートの最初のフレームワークが作成されました。新しいカジノビルによると、新しいリゾートのみに発行されるカジノライセンスは3つだけです。 IRは30%のゲーム税を中央政府と地方政府に支払う必要があります。 IRリゾートは、カジノゲームにリゾート全体の3%しか使用できません。リゾート周辺の別の場所に配置することも、同じ大きなフロアに配置することもできます。 日本には、これらのリゾートでカジノゲームをしたい市民のためのより多くの規制があります。外国人が無料で入場できる市民は、カジノに入場するために6000円を支払う必要があります。地元のギャンブラーも、週に3回の訪問と月に10回の訪問に限定されます。   カジノ法案は下院と上院で反対されたが、政府はこの行動が経済を後押しすると考えたため、ギャンブル法の施行に非常に熱心であった。合意に反対するために、政府はギャンブルをいかに制御するかを強調しなければなりませんでした。彼らはシンガポールを例に挙げました。シンガポールは、観光業界を支援する統制されたギャンブルシーンがあり、市民の間でのギャンブル依存症も減らしています。最初の統合カジノは2025年までしかオープンしないと予想されており、多くの世界のカジノオペレーターがこの機会に、日本で最初のカジノの1つになるために入札しています。 統合されたリゾートは、3つの異なる地域で日本中のアトラクションの中心になります。政府は、観光客からの収入を得ながら、彼らのインバウンドギャンブル観光を管理することを期待しています。カジノのライセンスはIRで10年間保持され、その後、リゾートは5年ごとにライセンスを更新する必要があります。

Read more