日本のカジノ:観光名所やギャンブルの温床
日本のカジノ

ギャンブルとカジノは、最近まで日本では合法ではありませんでした。それまでは、政府当局者はギャンブルのマイナス面だけを見ていました。彼らは彼らが市民を心配していて、ギャンブルが市民の中毒になるかもしれないと思ったとはっきり述べました。しかし最近、政府当局はギャンブルが提供できる機会を検討し始めました。機会の1つは観光でした。ギャンブルは日本に多くの観光客を惹きつける可能性があります。今日、人々は休暇中にいくつかのリラクゼーションとエンターテイメントを得たいと思っています。カジノは、ショッピング、ゲーム、素晴らしい料理体験、そしていくつかの面白いショーを組み合わせた体験を提供します。ゲームセクションには、さまざまなカードギャンブル、スポーツギャンブル、スロットマシンゲーム、ビデオゲームがあります。日本でのカジノの導入から生じる問題は、それが観光の急成長に役立つのか、それとも社会に何らかの悪影響を与えるのかということです。 カジノと観光- 日本は中国、韓国、フランス、イギリス、アメリカからの観光客をターゲットにしています。ある調査では、観光客の7%のみがカジノへの訪問を選択したことが示されています。対照的に、46%はショッピング体験を選び、43%はホテルやリゾート体験を選びました。 2015年、日本の議員は統合リゾート(IR)実施法を国会に提案しました。 2018年、議員たちは法案を可決し、カジノの運営が合法化されました。この行為はギャンブルだけではありません。それは訪問者が自己娯楽のための多くのオプションを得るカジノについてです。カジノモデルには、ショッピングモール、ホテル、リゾートシアター、およびその他の商業活動が含まれます。政府は、海外からの訪問者と地元の訪問者が獲得した現金に異なる税金を課します。また、カジノの利益は課税されます。政府は、すべての試合が記録されると述べています。すべての勝敗が記録されます。ギャンブル依存症に関する限り、パチンコは日本で最も中毒性の高いゲームの1つです。ギャンブルとは見なされませんが、ゲームの性質は非常に似ています。パチンコは消費者にとって大きな市場です。ある調査によれば、2016年には約21.6兆のヤンが発生しました。中毒を減らすためにカジノの運営にはいくつかの制限が課されています。日本のギャンブル合法化は、民間部門にとって嬉しいニュースでした。民間部門は、大量の投資を計算し、ギャンブルビジネスからの収益を上げています。 結論– 日本では人々がギャンブルをするための多くの古代の方法があります。ギャンブルには4種類の公共スポーツが含まれます。乗り物レース、競馬、自転車レース、およびパワーボートレースです。年間を通じて、宝くじゲームが行われます。伝統的に宝楽寺として知られています。宝楽寺ブースにあります。チケットは100〜500円で、賞金は数百万円。ギャンブルのもう1つの伝統的な方法はパチンコです。パチンコは、日本のほとんどの人がプレイするスロットマシンゲームです。それは伝統的な価値観であるため、刑事責任の例外があります。行き先の隅々にパチンコ店があります。

Read more