日本のカジノゲームの初心者向けガイド
初心者向けガイド

時が経つにつれ、日本のギャンブルの状況は、日本の議会での議論の主要なトピックの1つになりました。西側と比較して娯楽の手段を決定するとき、国は保守的な国でした。日本の法律は常にギャンブルに対して厳格でした。ただし、スキルベースのゲームと運ベースのゲームの間には、ギャンブルの合法性を決定する細かい境界があります。運ベースのゲームはリアルマネーでプレイすることが完全に禁止されていますが、スキルベースのゲームには例外があります。国内には合法のカジノがありますが、日本には2万を超えるギャンブルホールがあり、賞金よりも受賞者に報酬を提供しています。これは、日本のギャンブル法の抜け穴です。 現状 2018年、日本政府は20年以上議論されてきたカジノ法案を可決しました。市民がギャンブル依存症に火をつけるのではないかと恐れて、法律に反対しました。 2018年に53%の市民がカジノに賛成票を投じたのは、いくつかの世論調査の後だけでした。 法案によれば、日本の法律の権限の下でカジノゲームをホストできるのは3つの総合リゾートだけです。これら3つのリゾート外にある他のカジノ運営者は、法律の規制に違反し、重大な告訴を受けることになります。 この法律により、ポーカー、スロットマシン、ルーレットなどのカジノゲームを日本でホストすることが許可されますが、パチンコマシンは引き続き同じようにギャンブラーにエンターテイメントを提供します。日本の法律がパチンコ遊技機に対してどのように歪曲されているかは興味深いです。 パチンコ遊技機はギャンブラーに合法的に運ベースのギャンブルを提供します。これらのマシンは、ギャンブラーがパチンコ玉を獲得するために何時間も費やす小売店の裏にあります。これが違法なギャンブルの形態と見なされない理由は、パチンコゲームはパチンコボールを勝ち取るためのお金を提供しないためです。代わりに、賞金と同じ価値のある商品をショップから購入できます。ただし、当選者はこれらの商品をリアルマネーと交換する人に持って行くことができます。法律を支持してギャンブラーとパチンコ店との間の公正な取引です。 パチンコマシン以外のスポーツ賭博は、興味のある人が利用できるギャンブルの選択肢です。乗馬、バイクの乗馬、ボートのレース、サッカーなどのスポーツでは、お気に入りの選手やイベントに賭けてお金を稼ぐことができます。これらのスポーツは法律で賭けを主催することが許可されています。スポーツくじを主催するオペレーターは、地方自治体から免許を取得するか、政府が直接運営している必要があります。宝くじは、政府によって認可された特別な宝くじブースからチケットを購入できるギャンブラーの合法的なオプションでもあります。トトは日本中を走る宝くじであり、合法的に認可されたウェブベースのギャンブルのオプションです。

Read more