日本でするべき8つのこと
日本

日本は、短期の休暇旅行を最大限に活用したい旅行者に最適なパッケージです。あなたは最高の鉄道システムの1つを通して10日で日本中のあらゆる場所を訪れることができます。日本にいるときの計画がわからない場合は、こちらを参考にしてください。 イノシシラーメン 日本各地のラーメンを旅していると、イノシシAKAイノシシラーメンが欠かせません。地元の人にラーメンを出すのに最適な場所を見つけてもらいましょう。札幌のラーメン横丁は、たくさんの種類が見つかる場所のひとつ。 熱水泉 日本一リラックスできる場所のひとつが露天風呂。温泉と旅館は、お湯をリラックスしてぐっすりとお休みになる場所です。あなたは東京の中心部に日本の最高の泉のいくつかを見つけることができます。 カプセルホテル 日本の旅行者の間で最も人気のあることの1つは、カプセルホテルです。コンパクトツインベッドサイドルームのアイデアは、SF映画からそのまま生まれました。また、1泊分の宿泊費を節約することもお勧めです。 相撲大会 相撲は数秒しか続かないかもしれませんが、それでもスキル、強さ、集中力を必要とする素晴らしいスポーツです。それは神々を楽しませることを意図した古代の神道の儀式の一部です。今日でも年間を通して行われる6つのトーナメントの1つで相撲を楽しむことができます。 蔵王キツネ村 日本北部の野生生物保護区やキツネを訪ねることができます。これらの愛らしい生き物はフレンドリーで、好奇心が強いので訪問者の周りを一周します。公園に座って、一日中キツネを撫でることができます。 フリーダイビングの専門家 日本の古代の伝統の一部として真珠を狩るプロのフリーダイバーを見ることができます。これらのダイバーは、真珠を探すために海に飛び込むように非常に若い年齢から訓練されています。これらのダイバーのほとんどは、70〜80歳まで潜り続ける女性です。 富士山 日本で人気の世界の目的地は富士山です。地元のガイドの助けを借りて、混雑していない場所を見つけ、家族や旅行仲間と質の高い時間を過ごすことができます。富士山の周辺の適切な場所を知っている場合は、山の周りの素晴らしい景色を見つけて、ブログのためにユニークな写真を撮ることができます。 ポケモンセンター あなたがポケモンのファンなら、東京のダウンタウンにあるメガポケモンセンターを見逃すことはできません。あなたが名前を付けることができるすべてのポケモンのぬいぐるみを含めて考えることができるすべてのポケモンの商品を見つけることができます。ここでポケモンを捕まえ、生まれた国でポケモンを運ぶという幼年期の夢を生きることができます。

Read more
日本のカジノゲームの初心者向けガイド
初心者向けガイド

時が経つにつれ、日本のギャンブルの状況は、日本の議会での議論の主要なトピックの1つになりました。西側と比較して娯楽の手段を決定するとき、国は保守的な国でした。日本の法律は常にギャンブルに対して厳格でした。ただし、スキルベースのゲームと運ベースのゲームの間には、ギャンブルの合法性を決定する細かい境界があります。運ベースのゲームはリアルマネーでプレイすることが完全に禁止されていますが、スキルベースのゲームには例外があります。国内には合法のカジノがありますが、日本には2万を超えるギャンブルホールがあり、賞金よりも受賞者に報酬を提供しています。これは、日本のギャンブル法の抜け穴です。 現状 2018年、日本政府は20年以上議論されてきたカジノ法案を可決しました。市民がギャンブル依存症に火をつけるのではないかと恐れて、法律に反対しました。 2018年に53%の市民がカジノに賛成票を投じたのは、いくつかの世論調査の後だけでした。 法案によれば、日本の法律の権限の下でカジノゲームをホストできるのは3つの総合リゾートだけです。これら3つのリゾート外にある他のカジノ運営者は、法律の規制に違反し、重大な告訴を受けることになります。 この法律により、ポーカー、スロットマシン、ルーレットなどのカジノゲームを日本でホストすることが許可されますが、パチンコマシンは引き続き同じようにギャンブラーにエンターテイメントを提供します。日本の法律がパチンコ遊技機に対してどのように歪曲されているかは興味深いです。 パチンコ遊技機はギャンブラーに合法的に運ベースのギャンブルを提供します。これらのマシンは、ギャンブラーがパチンコ玉を獲得するために何時間も費やす小売店の裏にあります。これが違法なギャンブルの形態と見なされない理由は、パチンコゲームはパチンコボールを勝ち取るためのお金を提供しないためです。代わりに、賞金と同じ価値のある商品をショップから購入できます。ただし、当選者はこれらの商品をリアルマネーと交換する人に持って行くことができます。法律を支持してギャンブラーとパチンコ店との間の公正な取引です。 パチンコマシン以外のスポーツ賭博は、興味のある人が利用できるギャンブルの選択肢です。乗馬、バイクの乗馬、ボートのレース、サッカーなどのスポーツでは、お気に入りの選手やイベントに賭けてお金を稼ぐことができます。これらのスポーツは法律で賭けを主催することが許可されています。スポーツくじを主催するオペレーターは、地方自治体から免許を取得するか、政府が直接運営している必要があります。宝くじは、政府によって認可された特別な宝くじブースからチケットを購入できるギャンブラーの合法的なオプションでもあります。トトは日本中を走る宝くじであり、合法的に認可されたウェブベースのギャンブルのオプションです。

Read more
カジノは日本で合法ですか?
賭博法

日本には非常に複雑なギャンブル法があり、深刻なギャンブラーには従うのが難しい場合があります。日本政府は、リゾートでのカジノの合法化を最終的に制定する前に、20年以上にわたって協議を行いました。法律が議論された主な理由は、日本のギャンブラーの人口とギャンブル依存症の懸念でした。最近、政府がカジノリゾートのアイデアについて53%の同意を得たときまで、人々によって拒否されたカジノを合法化するために多くの世論調査が行われました。 2018年にカジノ法が成立し、リゾート内でカジノゲームを開催できる3つの新しい統合リゾート(IR)が許可されました。これらのリゾートは、宿泊施設、エンターテインメント、ショッピング複合施設、レストラン、会議活動も提供します。 これらのカジノリゾートを構築するアイデアは、世界へ日本の観光を促進することでした。これらのリゾートは、主要なカジノ事業者を魅了して高品質のカジノを開催し、日本のギャンブルシーンに年間を通じて多くの観光客を呼び込むことができます。全体のアイデアは、最終的に国の経済にポジティブな方法で影響を与えます。 法律について この法律により、2016年12月に統合リゾートの最初のフレームワークが作成されました。新しいカジノビルによると、新しいリゾートのみに発行されるカジノライセンスは3つだけです。 IRは30%のゲーム税を中央政府と地方政府に支払う必要があります。 IRリゾートは、カジノゲームにリゾート全体の3%しか使用できません。リゾート周辺の別の場所に配置することも、同じ大きなフロアに配置することもできます。 日本には、これらのリゾートでカジノゲームをしたい市民のためのより多くの規制があります。外国人が無料で入場できる市民は、カジノに入場するために6000円を支払う必要があります。地元のギャンブラーも、週に3回の訪問と月に10回の訪問に限定されます。   カジノ法案は下院と上院で反対されたが、政府はこの行動が経済を後押しすると考えたため、ギャンブル法の施行に非常に熱心であった。合意に反対するために、政府はギャンブルをいかに制御するかを強調しなければなりませんでした。彼らはシンガポールを例に挙げました。シンガポールは、観光業界を支援する統制されたギャンブルシーンがあり、市民の間でのギャンブル依存症も減らしています。最初の統合カジノは2025年までしかオープンしないと予想されており、多くの世界のカジノオペレーターがこの機会に、日本で最初のカジノの1つになるために入札しています。 統合されたリゾートは、3つの異なる地域で日本中のアトラクションの中心になります。政府は、観光客からの収入を得ながら、彼らのインバウンドギャンブル観光を管理することを期待しています。カジノのライセンスはIRで10年間保持され、その後、リゾートは5年ごとにライセンスを更新する必要があります。

Read more