日本でするべき8つのこと
日本

日本は、短期の休暇旅行を最大限に活用したい旅行者に最適なパッケージです。あなたは最高の鉄道システムの1つを通して10日で日本中のあらゆる場所を訪れることができます。日本にいるときの計画がわからない場合は、こちらを参考にしてください。 イノシシラーメン 日本各地のラーメンを旅していると、イノシシAKAイノシシラーメンが欠かせません。地元の人にラーメンを出すのに最適な場所を見つけてもらいましょう。札幌のラーメン横丁は、たくさんの種類が見つかる場所のひとつ。 熱水泉 日本一リラックスできる場所のひとつが露天風呂。温泉と旅館は、お湯をリラックスしてぐっすりとお休みになる場所です。あなたは東京の中心部に日本の最高の泉のいくつかを見つけることができます。 カプセルホテル 日本の旅行者の間で最も人気のあることの1つは、カプセルホテルです。コンパクトツインベッドサイドルームのアイデアは、SF映画からそのまま生まれました。また、1泊分の宿泊費を節約することもお勧めです。 相撲大会 相撲は数秒しか続かないかもしれませんが、それでもスキル、強さ、集中力を必要とする素晴らしいスポーツです。それは神々を楽しませることを意図した古代の神道の儀式の一部です。今日でも年間を通して行われる6つのトーナメントの1つで相撲を楽しむことができます。 蔵王キツネ村 日本北部の野生生物保護区やキツネを訪ねることができます。これらの愛らしい生き物はフレンドリーで、好奇心が強いので訪問者の周りを一周します。公園に座って、一日中キツネを撫でることができます。 フリーダイビングの専門家 日本の古代の伝統の一部として真珠を狩るプロのフリーダイバーを見ることができます。これらのダイバーは、真珠を探すために海に飛び込むように非常に若い年齢から訓練されています。これらのダイバーのほとんどは、70〜80歳まで潜り続ける女性です。 富士山 日本で人気の世界の目的地は富士山です。地元のガイドの助けを借りて、混雑していない場所を見つけ、家族や旅行仲間と質の高い時間を過ごすことができます。富士山の周辺の適切な場所を知っている場合は、山の周りの素晴らしい景色を見つけて、ブログのためにユニークな写真を撮ることができます。 ポケモンセンター あなたがポケモンのファンなら、東京のダウンタウンにあるメガポケモンセンターを見逃すことはできません。あなたが名前を付けることができるすべてのポケモンのぬいぐるみを含めて考えることができるすべてのポケモンの商品を見つけることができます。ここでポケモンを捕まえ、生まれた国でポケモンを運ぶという幼年期の夢を生きることができます。

Read more
日本のカジノゲームの初心者向けガイド
初心者向けガイド

時が経つにつれ、日本のギャンブルの状況は、日本の議会での議論の主要なトピックの1つになりました。西側と比較して娯楽の手段を決定するとき、国は保守的な国でした。日本の法律は常にギャンブルに対して厳格でした。ただし、スキルベースのゲームと運ベースのゲームの間には、ギャンブルの合法性を決定する細かい境界があります。運ベースのゲームはリアルマネーでプレイすることが完全に禁止されていますが、スキルベースのゲームには例外があります。国内には合法のカジノがありますが、日本には2万を超えるギャンブルホールがあり、賞金よりも受賞者に報酬を提供しています。これは、日本のギャンブル法の抜け穴です。 現状 2018年、日本政府は20年以上議論されてきたカジノ法案を可決しました。市民がギャンブル依存症に火をつけるのではないかと恐れて、法律に反対しました。 2018年に53%の市民がカジノに賛成票を投じたのは、いくつかの世論調査の後だけでした。 法案によれば、日本の法律の権限の下でカジノゲームをホストできるのは3つの総合リゾートだけです。これら3つのリゾート外にある他のカジノ運営者は、法律の規制に違反し、重大な告訴を受けることになります。 この法律により、ポーカー、スロットマシン、ルーレットなどのカジノゲームを日本でホストすることが許可されますが、パチンコマシンは引き続き同じようにギャンブラーにエンターテイメントを提供します。日本の法律がパチンコ遊技機に対してどのように歪曲されているかは興味深いです。 パチンコ遊技機はギャンブラーに合法的に運ベースのギャンブルを提供します。これらのマシンは、ギャンブラーがパチンコ玉を獲得するために何時間も費やす小売店の裏にあります。これが違法なギャンブルの形態と見なされない理由は、パチンコゲームはパチンコボールを勝ち取るためのお金を提供しないためです。代わりに、賞金と同じ価値のある商品をショップから購入できます。ただし、当選者はこれらの商品をリアルマネーと交換する人に持って行くことができます。法律を支持してギャンブラーとパチンコ店との間の公正な取引です。 パチンコマシン以外のスポーツ賭博は、興味のある人が利用できるギャンブルの選択肢です。乗馬、バイクの乗馬、ボートのレース、サッカーなどのスポーツでは、お気に入りの選手やイベントに賭けてお金を稼ぐことができます。これらのスポーツは法律で賭けを主催することが許可されています。スポーツくじを主催するオペレーターは、地方自治体から免許を取得するか、政府が直接運営している必要があります。宝くじは、政府によって認可された特別な宝くじブースからチケットを購入できるギャンブラーの合法的なオプションでもあります。トトは日本中を走る宝くじであり、合法的に認可されたウェブベースのギャンブルのオプションです。

Read more
カジノは日本で合法ですか?
賭博法

日本には非常に複雑なギャンブル法があり、深刻なギャンブラーには従うのが難しい場合があります。日本政府は、リゾートでのカジノの合法化を最終的に制定する前に、20年以上にわたって協議を行いました。法律が議論された主な理由は、日本のギャンブラーの人口とギャンブル依存症の懸念でした。最近、政府がカジノリゾートのアイデアについて53%の同意を得たときまで、人々によって拒否されたカジノを合法化するために多くの世論調査が行われました。 2018年にカジノ法が成立し、リゾート内でカジノゲームを開催できる3つの新しい統合リゾート(IR)が許可されました。これらのリゾートは、宿泊施設、エンターテインメント、ショッピング複合施設、レストラン、会議活動も提供します。 これらのカジノリゾートを構築するアイデアは、世界へ日本の観光を促進することでした。これらのリゾートは、主要なカジノ事業者を魅了して高品質のカジノを開催し、日本のギャンブルシーンに年間を通じて多くの観光客を呼び込むことができます。全体のアイデアは、最終的に国の経済にポジティブな方法で影響を与えます。 法律について この法律により、2016年12月に統合リゾートの最初のフレームワークが作成されました。新しいカジノビルによると、新しいリゾートのみに発行されるカジノライセンスは3つだけです。 IRは30%のゲーム税を中央政府と地方政府に支払う必要があります。 IRリゾートは、カジノゲームにリゾート全体の3%しか使用できません。リゾート周辺の別の場所に配置することも、同じ大きなフロアに配置することもできます。 日本には、これらのリゾートでカジノゲームをしたい市民のためのより多くの規制があります。外国人が無料で入場できる市民は、カジノに入場するために6000円を支払う必要があります。地元のギャンブラーも、週に3回の訪問と月に10回の訪問に限定されます。   カジノ法案は下院と上院で反対されたが、政府はこの行動が経済を後押しすると考えたため、ギャンブル法の施行に非常に熱心であった。合意に反対するために、政府はギャンブルをいかに制御するかを強調しなければなりませんでした。彼らはシンガポールを例に挙げました。シンガポールは、観光業界を支援する統制されたギャンブルシーンがあり、市民の間でのギャンブル依存症も減らしています。最初の統合カジノは2025年までしかオープンしないと予想されており、多くの世界のカジノオペレーターがこの機会に、日本で最初のカジノの1つになるために入札しています。 統合されたリゾートは、3つの異なる地域で日本中のアトラクションの中心になります。政府は、観光客からの収入を得ながら、彼らのインバウンドギャンブル観光を管理することを期待しています。カジノのライセンスはIRで10年間保持され、その後、リゾートは5年ごとにライセンスを更新する必要があります。

Read more
日本のギャンブル:国内のカジノギャンブルの完全ガイド
ギャンブル

日本のカジノギャンブルは違法ですが、違法なギャンブル以外にも地元のギャンブラーが楽しむ抜け穴はたくさんあります。日本の賭博法は現在多くの変更を経ており、法律は新しい法律を作っています。現在のシナリオを考慮して、日本でのカジノギャンブルについて学ぶ必要があるのは次のとおりです。このガイドでは、法律に違反しないギャンブルの種類について説明します。これは法律を害するものではありませんが、あなたを楽しませるギャンブルです。 日本は常に、賭博法を完全に複雑にして、人々が完全に議題を取得できないようにしてきました。彼らは、パチンコやスポーツ賭博など、ギャンブルの多くの側面を見落とす傾向がありますが、カジノゲームは違法行為であることに変わりはありません。日本の賭博活動への支出は、人口の2倍であり、世界で完全に合法的なカジノのハブであるラスベガスを所有しているアメリカの支出に近いです。プレイを始める前に、日本のギャンブルシーンをより深く理解する必要があります。 日本ではいくつかの賭博活動が許可されており、ギャンブルではなく娯楽活動と呼んでいます。これらの活動は、賞金を提供するのではなく、報酬を与えるゲームと見なされます。ただし、これらの賞品は後で現金に交換できます。簡単に言えば、受賞者は、お金と交換できる商品で報酬を受け取ります。それはお金のためにギャンブルを禁止する素人をバイパスする間接的なギャンブルです。 スキルベースのゲームは合法です プレイヤーにわずかなアドバンテージを与えることができるゲームは合法と見なされますが、運に完全に基づいているゲームは違法です。ポーカーはプレイヤーにある程度結果に影響を与えるゲームですが、それは常にカジノゲームであるため、陸上またはオンラインのプラットフォームでは依然として違法です。 法的賭博活動 日本の法律で合法と見なされている活動はごくわずかです。競馬、ボートレース、自転車レース、サッカー、バイクレースが含まれます。政府当局自身が運営する単一の宝くじプラットフォームもあります。これらを除いて、パチンコは合法と見なされている唯一の運ベースのゲームです。スポーツへの賭けは、政府機関と認可されたブックメーカーによって処理されます。賭けにはかなり低い制限もありますが、より良い機会を見つけるためにいくつかの調査を行うことができます。   オンラインギャンブル 日本政府は、彼らが運営する宝くじのウェブサイトを除いて、オンラインギャンブル活動を承認していません。宝くじを主催できる合法的なウェブサイトは日本で1つだけです。政府の意見の相違にもかかわらず、彼らは外国の事業者によって提供されるギャンブル活動を制御することはできません。すべての外国のカジノのウェブサイトは、政府に情報を漏らされることなく地元の人がアクセスできます。オンラインカジノオペレーターは、日本でのカジノゲームの需要を知っているため、言語オプションと支払いオプションを備えた日本のプレーヤーベースにユーザーフレンドリーなプラットフォームを提供するためにあらゆる努力をしています。

Read more
日本のカジノ:観光名所やギャンブルの温床
日本のカジノ

ギャンブルとカジノは、最近まで日本では合法ではありませんでした。それまでは、政府当局者はギャンブルのマイナス面だけを見ていました。彼らは彼らが市民を心配していて、ギャンブルが市民の中毒になるかもしれないと思ったとはっきり述べました。しかし最近、政府当局はギャンブルが提供できる機会を検討し始めました。機会の1つは観光でした。ギャンブルは日本に多くの観光客を惹きつける可能性があります。今日、人々は休暇中にいくつかのリラクゼーションとエンターテイメントを得たいと思っています。カジノは、ショッピング、ゲーム、素晴らしい料理体験、そしていくつかの面白いショーを組み合わせた体験を提供します。ゲームセクションには、さまざまなカードギャンブル、スポーツギャンブル、スロットマシンゲーム、ビデオゲームがあります。日本でのカジノの導入から生じる問題は、それが観光の急成長に役立つのか、それとも社会に何らかの悪影響を与えるのかということです。 カジノと観光- 日本は中国、韓国、フランス、イギリス、アメリカからの観光客をターゲットにしています。ある調査では、観光客の7%のみがカジノへの訪問を選択したことが示されています。対照的に、46%はショッピング体験を選び、43%はホテルやリゾート体験を選びました。 2015年、日本の議員は統合リゾート(IR)実施法を国会に提案しました。 2018年、議員たちは法案を可決し、カジノの運営が合法化されました。この行為はギャンブルだけではありません。それは訪問者が自己娯楽のための多くのオプションを得るカジノについてです。カジノモデルには、ショッピングモール、ホテル、リゾートシアター、およびその他の商業活動が含まれます。政府は、海外からの訪問者と地元の訪問者が獲得した現金に異なる税金を課します。また、カジノの利益は課税されます。政府は、すべての試合が記録されると述べています。すべての勝敗が記録されます。ギャンブル依存症に関する限り、パチンコは日本で最も中毒性の高いゲームの1つです。ギャンブルとは見なされませんが、ゲームの性質は非常に似ています。パチンコは消費者にとって大きな市場です。ある調査によれば、2016年には約21.6兆のヤンが発生しました。中毒を減らすためにカジノの運営にはいくつかの制限が課されています。日本のギャンブル合法化は、民間部門にとって嬉しいニュースでした。民間部門は、大量の投資を計算し、ギャンブルビジネスからの収益を上げています。 結論– 日本では人々がギャンブルをするための多くの古代の方法があります。ギャンブルには4種類の公共スポーツが含まれます。乗り物レース、競馬、自転車レース、およびパワーボートレースです。年間を通じて、宝くじゲームが行われます。伝統的に宝楽寺として知られています。宝楽寺ブースにあります。チケットは100〜500円で、賞金は数百万円。ギャンブルのもう1つの伝統的な方法はパチンコです。パチンコは、日本のほとんどの人がプレイするスロットマシンゲームです。それは伝統的な価値観であるため、刑事責任の例外があります。行き先の隅々にパチンコ店があります。

Read more
日本の最高のカジノを見つける方法
最高のカジノ

日本のギャンブルの状況は、日本でのギャンブルに関する正しい情報を持っていない観光客にとって非常に複雑です。最初の3つの総合リゾートがオープンするまで、カジノゲームは日本では依然として違法です。日本で唯一の違法運営カジノは、犯罪組織のヤクザです。彼らの違法な地下カジノでのギャンブルのリスクは、法律を破る価値はありません。ただし、日本のギャンブル法には、競馬賭け、宝くじ、パチンコ、toto賭けなどの賭け活動を許可する抜け穴もたくさんあります。 日本のプレーヤーがカジノゲームにアクセスする唯一の方法は、オンラインカジノプラットフォームでプレイすることです。カジノは違法ですが、日本政府はオンラインカジノプラットフォームとその日本のプレーヤーベースを追跡できません。これらのWebサイトは、個人情報のセキュリティを提供する外国の事業者によってホストされています。日本の市民がそのようなギャンブル活動に関与しているかどうかを当局が確認するために情報にアクセスできなくなります。 日本におけるギャンブルの規制全体を統制する単一の法体系はありません。地域によってギャンブル活動を制御する方法は異なり、ギャンブラーはパチンコ、トト、スポーツベットをプレイする機会を得られます。 日本の違法ギャンブルは、ギャンブルに対する政策が緩い地域全体にも広がっています。推定では、違法なカジノの合計収益は2,000万ドルでした。 あなたが日本にいるときにあなたが合法的なカジノゲームで手に入れることができる最も近いのはパチンコスロットです。これらの機械は、小さな小売店が店の裏で5〜10台の機械を操作できる特別なパチンコ専用道路にあります。 パチンコ パチンコゲームは、日本における合法なギャンブルと違法なギャンブルの中間的な領域です。全国に12,000以上のパチンコ店があります。パチンコ業界全体では、年間1,500億ドルを超える驚くべき金額を稼いでいます。パチンコの賞金はリアルマネーでは提供されませんが、賞金はパーラーの商品と交換できます。これらの商品は後でお金と交換できます。政府から見落とされているのは、間接的なマネーギャンブルです。 競馬 競馬は、法律の規制下でギャンブラーに賭けの機会を提供する別の人気のあるスポーツです。賭けは、ライセンスされたブックメーカーとのイベントの領域でのみ行うことができます。スポーツブックを提供するその他の運営者または場所は違法と見なされます。 オンラインカジノ 法律に悩まされることなくカジノゲームをプレイできる唯一の場所は、オンラインカジノプラットフォームです。オンラインカジノギャンブルも日本では違法であることを知ってください。しかし、彼らは外国のオペレーターのウェブサイトを制御することができないので、プレイヤーはプレイ中に自分のアイデンティティを安全に保つことができます。また、オンラインカジノゲームでは、銀行に警告することなく、追加のボーナスと口座への直接預金を提供しています。

Read more
日本は世界の次の大きなカジノ先です
カジノ先

日本のギャンブルシーンに関する20年にわたる議論は、2023年までに開かれる新しい統合カジノでようやく終わりを迎えています。将来日本で利用できる施設。 日本の多くの自治体は、2018年のカジノ法案の成立後、統合リゾート(IR)との提携を検討しています。統合リゾートは、政府の許可を得て観光客や地元の人々にカジノゲームを提供する予定です。規制されたギャンブル状況を維持するためにこれらのIRが従わなければならない規制のリストがあります。 アカバ国務相は会議で、8つの法域が政府の統合リゾートのホスト計画に合意したと述べた。一部の地域は、管轄下に統合されたリゾートをもたらすために競争しています。彼らは他のカジノよりも優れたカジノによる経済成長の将来を予測できるようです。これらの統合されたリゾートは、現時点では3つに制限されます。これらのリゾートには、カジノ、ホテル、ショッピングモール、レストラン、会議場が組み込まれます。 日本のギャンブルの未来 新しいカジノ法案と統合リゾートのコンセプトにより、地元の人々だけでなく、世界のカジノ運営者も興味を持っています。ヨコホマが統合リゾートであるサンズに入札すると発表したとき、米国のカジノ運営会社はヨコホマまたは東京の将来のカジノへの投資に興味を示した。 カジノに反対している国では、政府の政策転換のこの動きは世界にとって大きなニュースです。市場は急速に成長し、日本の観光に多くの変化をもたらします。 反対 支持者はこれが地方経済を後押しする政府によるよい動きであると信じているが、反対者はこれがギャンブル依存症と犯罪にさらに損害を与えることができる危険な動きであると言います。世論調査の53%だけが最終的な世論調査で統合されたリゾートに賛成でした、これは47%がまだ動きに懐疑的であることを意味します。 野党が心配している1つの質問は、観光を手伝うカジノが賭博依存症の潜在的な増加を見ながらリスクを取る価値があるかどうかです。   政府はこれにシンガポールの例を挙げて回答しました。シンガポールでは、カジノリゾートを制御することで、ギャンブル依存症の割合が4%から1%未満に減少しています。彼らは、統合されたリゾートの規制を用いて適切な戦略が実施されれば、観光収入を増やしながらギャンブルの追加を減らすのに役立つと信じています。地元住民がこれら3つのカジノでプレーするための規制は、観光客とは異なり、法律が地元住民のギャンブル依存症を管理するのに役立ちます。今後数年間で、カジノリゾートは世界中のギャンブラーを魅了するでしょう。インフラやその他の観光計画を考慮すると、日本は世界で次に大きなカジノの目的地になる可能性があります。

Read more
カジノギャンブルに関する日本の法的立場
カジノ

最初の3つの統合リゾート(カジノゲームをホストする)が2023年までに完了するのを待つので、この状況における日本の法的立場を議論する必要があります。 2018年にカジノ法案が可決されたときに、実際にどれほど効果的であるかなど、多くの疑問が提起されました。それとも、ギャンブル依存症にとって危険ではありませんか?これは待望の政府の動きで、ほぼ20年かかりました。政府が実施した最後の世論調査では、53%の市民が観光で経済を改善しようとする総合リゾートに賛成で、残りはこの決定に反対でした。 統合リゾート(IR)は、ホテル、レストラン、ショッピング複合施設、会議施設とともに、カジノゲームを観光客に提供します。政府は、それが日本へのより多くの観光客を引き付ける方法であると信じています。 新しい法律とは何ですか? カジノリゾートの運営に関する新しい枠組みによれば、3つの統合されたリゾートは、敷地内でカジノギャンブルをホストすることが許可されます。これらの最初の手段は、中央政府と地方政府に支払われる30%のゲーム税も実装するカジノライセンスを取得します。 これらのリゾートのゲームエリアは、リゾート全体の床面積のわずか3%に制限されています。リゾート内の1つの場所または複数の場所にすることができます。 法律はまた、これらのカジノでプレーしたい地元のプレーヤーはカジノに入るには6000円の税金を支払わなければならず、訪問は週に3日と月に10日に制限されています。海外からの旅行者には、ゲーム料金や制限はありません。 反対派の懸念は、このギャンブル法がギャンブル依存症をいかに厳しく管理するかということです。ラスベガスとシンガポールのIRを例にとると、政府は経済成長とともに責任あるギャンブルについて人々に保証したいと考えています。 リゾートの場所 大阪は、2025年の万国博覧会も開催する最初の総合リゾートの主要候補です。大阪は、夢島の人工島にカジノを建てることを提案しました。 IRの他の2つの潜在的な候補者は、東京とヨコホマです。これらのリゾートの最初のライセンスは10年間有効で、その後5年ごとに更新する必要があります。 対象読者 これらの総合リゾートの主な焦点はインバウンドの観光客にありますが、ゴールドマンサックスによる推定では、訪問者の57%が日本人であることを示唆しています。大阪は、2030年までに1,500万人の地元のビジターがカジノを訪れると予測しており、これは推定ビジターの70%近くです。これが反対がこの決定に反対する主な理由ですが、政府は彼らの新しい法律でギャンブル依存症を制御することを約束します。

Read more
日本への最初の旅行のための旅行ガイド
旅行ガイド

日本には、富士山からパチンコ機まで、旅行者においしい料理を忘れてはならないことがたくさんあります。全国各地の美しい目的地に短時間で行きたいという方に最適なパッケージです。あなたは最高で最速の鉄道システムの1つで日本中の最高の場所を訪れることができます。あなたの旅行を適切に計画し、あなたは日本への旅行を最大限に活用することができます。日本に初めて旅行する人のためのヒントをいくつか紹介します。 JRパスに乗る ジャパンレール(JR)パスは、東京の外に旅行したい外国人を対象としています。 250ドル以下でパスを取得できるので、今後7日間、どのJR線でも旅行できます。いくつかの新幹線(高速)列車が含まれています。カウンターや券売機でJRパスを手に入れてすぐに使えます。京都への往復に同じ金額を使うよりも、JRパスを取得する方が良い方法です。 たくさんの現金を保管してください 日本の多くの場所は完全に現金に基づいており、カード機を見つけるのは難しいでしょう。あなたが十分なお金を持っているか、お金を引き出すことができる場所を知っていることを確認してください。カードが使えるお店は、店外に看板を設置。小銭単位でたくさんの円を扱うので、小銭入れも必要かもしれません。 コンビニに頼れる コンビニエンスストアは、5ドルという低価格でおいしい食事を選ぶことができる旅行者にとって最高のコンパニオンです。棚から麺を手に入れ、店で直立させて加熱して簡単な食事をとることができます。スタッフもフレンドリーで、立ち寄る間も音楽で快適にお過ごしいただけます。 一般的な質問を日本語で学ぶ このヒントは、日本の街を歩き回る計画を立てているときに本当に役立ちます。 「英雄は花しますか?」と聞くだけで英語を話す人を見つけることができます。 「英語を話しますか」という意味です英語を話す人はあなたを助け、そうでない人は「いいえ」、つまり「いいえ」を言うでしょう。空港、鉄道駅、主要な観光スポットは、英語を話す人を簡単に見つけることができる場所です。   消毒剤とビニール袋を保管してください 洗面所で見つけるのに苦労することの一つは石鹸です。トイレは温かい便座で清潔ですが、トイレには石鹸ディスペンサーがありません。ほとんどの地元民は水だけで手を洗って立ち去る問題はないので、あなた自身の消毒剤が必要になります。また、東京周辺のゴミ箱は民間の主催者が管理しているため、多くの場合見当がつかないかもしれません。あなたと一緒にビニール袋を運び、ゴミ箱が見つかるまでゴミを集めます。

Read more
日本に初めて旅行するときに期待すること
旅行

日本への最初の旅行で何が期待できるかについていくつか質問があるかもしれません。他の国のように、日本はあなたが準備しなければならない文化ショックをあなたに与えます。しかし、日本は観光客に親切で、短い旅行でも多くのアクティビティを提供できるので、慌てる必要はありません。ここでは、日本旅行中に出会うであろう事前のポイントをいくつか紹介します。 傾けない チップは日本では当たり前のことで、誰かにチップを渡すと、あなたがやっていることを拒否したり混乱したりするかもしれません。日本人は顧客に良いサービスを提供することを信じています。転倒しても転倒しないというのが標準です。ひどくチップしたい場合は、チップを受け入れるかどうかを尋ねることができます。また、転倒したときは封筒に入れるか、少なくとも両手で渡してください。 ビニール袋を運ぶ 日本各地でゴミ箱を見つけるのに苦労するかもしれません。地元の人たちはゴミをビニール袋に入れて、コンビニの近くや自宅でゴミ箱を見つけます。あなたは同じことをする責任を負う必要があります。湿ったごみと乾いたごみのために別のバッグを保管し、ディスペンス中は別のゴミ箱に入れてください。 あなたはスリッポンの靴が必要になります 多くの場合、レストランやホテルでは、敷地内に入る前に靴を脱ぐように求められることがあります。スリッポンの靴があると、靴を脱いで履くのがずっと簡単になります。あなたはあなたの臭い足で他の人を邪魔したくないので、必ず新鮮な靴下を着用してください。 コンビニは命を救う 日本のコンビニエンスストアは、温水便座だけでなく、観光客に提供できるその他の施設でも有名です。食事、お酒、ATM、SIMカード、コーヒーなど必要なものはほとんど日本のコンビニエンスストアで手に入ります。店頭でその場で購入したラーメンを温めて手軽に食事を作ってもらうこともできます。 電車を利用する 日本の列車システムは、あなたを驚かせるのに欠かせないものです。列車は手頃な価格で清潔で、信じられないほどの速度で走っています。駅のカウンターや券売機で乗車券を購入できます。毎日都市から都市へ移動する場合は、ジャパンレールパスの購入を検討してください。 JRパスは7日間続き、費用は250ドルです。

Read more